ホーム>こだわりの塩専門店 源気商會ブログ>塩と健康

塩と健康

塩と糖尿病

塩と糖尿病

お塩でHba1cが下がった? 最近、クリスタル岩塩を使った塩水療法にトライされている方、特に糖尿病治療中だというお客様から『「Hba1c」の値が減りました。』というご連絡をいただく事が続いたので、 「エッチビーエー・ワンシー」って何だ?ということで調べてみました。 Hba1cは「エッチビーエー・ワン…

2018.02.15
塩と健康
信じられない話。塩で意識が戻った!?

信じられない話。塩で意識が戻った!?

1カ月半ほど前にクリスタル岩塩のブロックを購入していただいたお客様から電話で追加のご注文をいただきました。しかも1度に何百個という大量のご注文。 個人では異例の大量購入なので、どうお使いになられるかお話を聞いたところ、 「母と意思疎通ができるようになったんです。」と・・・ お客様のお母様は85歳のご…

2018.02.08
塩と健康
海嫌いになった日本の若者

海嫌いになった日本の若者

昨夜、NHKのニュースを見ていると、海水浴場に客が集まらないために閉鎖されるケースが増えている事を伝えていました。 posted by (C)汐田 貢 統計的にも海洋レジャーを楽しむ人口は減り続けており、「海水浴には行きたいとは思わない。」と、街頭インタビューに答える若者たちに少しショッ…

2017.07.28
塩と健康
水が飲めないという人たちに

水が飲めないという人たちに

水嫌いな人 最近、塩おやじは熱中症対策、体の乾燥対策としての経口補水液(塩水)の重要性などを説いたり、塩と水のセミナーなどを開催して、意見交換などをしていますが、その中で意外な割合で存在するのが「水が飲めない、水が嫌い」という方々です。 では、そういう方たちが何を飲んでいるかというと、コーヒーだった…

2017.07.25
塩と健康

乳児の致死量塩分は4~5g?

昨日は「経口補水液」の話を書きましたが、本日はその逆の「塩分中毒」についてです。 岩手の保育施設で起こった乳児の「塩分中毒」による致死事件についての続報がありました。 死亡した乳児が与えられたと考えられる塩分量が4~5g(こさじ1杯分)であり、これは乳児にとっては致死量にあたるということです。 感覚…

2017.07.20
塩と健康
コレラに経口補水液

コレラに経口補水液

今朝、朝日新聞の健康欄を読んでいると、熱中症対策についての記事がありました。 熱中症対策には水だけ飲んでも駄目!という内容でしたが、その中に興味深い話が載っていたので、少し調べてみました。 それは「1971年にインドで発生したコレラに対して、経口補水液を用いたところ、発生率30%を3%に抑える事がで…

2017.07.19
塩と健康

「食塩中毒」による乳児死亡事件について思う

本日、何気なくネットニュースを見ていると「食塩中毒」により乳児が死亡、という記事が目に飛び込んできました。 岩手県望岡の保育園に預けれていた1歳の女児に、この園の女性経営者が食塩を混ぜた液体を飲ませ「塩化ナトリウム中毒」によって死亡させたとして、元経営者が傷害致死罪で逮捕されたという記事です。 いく…

2017.07.12
塩と健康
熱中症対策に朝一杯の味噌汁を

熱中症対策に朝一杯の味噌汁を

熱中症対策には水とともに塩分が大事 暑い日が続きます。部活やお仕事で喉を潤すのに、スポーツ飲料などを飲む機会が増えているのではないでしょうか。 また、熱中症対策として水分補給をこまめにする事も一般的な意識として定着してきました。 30年以上前の話ですが、私が学生時代の部活では、水分補給は十分にはさせ…

2017.07.10
塩と健康
塩水療法の書籍販売予約開始のお知らせ

塩水療法の書籍販売予約開始のお知らせ

源気商會のアドバイザーであり、塩おやじの長年の友人でもある アイデミール・ユージェル氏(トルコの社会学者)が著した「命の源 塩と水」の翻訳本がいよいよ全国書店で販売されることになります。   源気商會はこの翻訳に関わりました。 日本語題名は、「なぜ、塩と水だけであらゆる病気が消え、若返るの…

2017.06.27
塩と健康

お子さんのアトピー・喘息に悩むお母さん向けのセミナー開催

おはようございます。 本日は横浜もどんよりと曇っています。ムシムシと嫌な季節ですが、雨も愉しむ余裕をもちたいですね。 発送作業や入金があるので午前中は自宅で作業をし、昼からシードハウス戸塚に出勤の予定です。   あっという間に上半期が過ぎ去り、これから下半期。どんな展開になるやら、期待半分…

2017.06.27
塩セミナー
ページ上部へ